08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

大きく育ちました。。

2008.05.11 (Sun)

サンレモクイ-ン

昨年の秋、挿し木をして根が出たものを、親戚でいただきました。
それから半年、鉢植えで元気に育っています。
実はこれが3回目の挑戦なのです。
過去2回、枯らしてしまって、その度に挿し木を作っていただき、
迷惑を掛けてしまいました。
可愛いのでとっても大好きな花なのです。

アオイ科 アニソドンテア属

放射線状に広がって大きくなって行きます。
今、背丈が50センチくらいになりました。


IMG_4785.jpg

IMG_4786.jpg
18:50  |  未分類  |  Comment(10)

Comment

サーモンピンクのお花

可愛らしいですね。
こういう色、大好きです。
なかなか、見ない色ですね。
chiemi |  2008.05.12(月) 12:26 | URL |  【編集】

はじめまして(^^)
足跡からおじゃまさせていただきました♪
お越しくださって嬉しいですv-290

サンレモクイーン、可愛いですね~~
芍薬がお庭にあるとは羨ましい限りです。
開花が楽しみですね。

またお邪魔させていただきますね(^^)
花子ブログへもお気軽に遊びにお越しください♪
どうぞよろしくお願いいたしますv-352
花子 |  2008.05.12(月) 15:05 | URL |  【編集】

chiemiさんこんにちは

小さくて可愛いので大好きなお花です。
毎日、咲いて楽しませてくれています。
お茶花だそうです。。
よんこちゃん |  2008.05.12(月) 17:38 | URL |  【編集】

花子さん 初めまして

こちらこそ、お越しいただきありがとうございます。
とても嬉しいです。

芍薬の蕾が、だいぶん膨らんできました♪
暖かくなって来ると急に大きくなりました。
開くのが待ち遠しいです。。

又、お邪魔させていただきます。
よろしくお願いします。
よんこちゃん |  2008.05.12(月) 17:48 | URL |  【編集】

「サンレモクイーン 」ミニ芙蓉と言って頂いた花とそっくりなのです、ミニ芙蓉としては図鑑で見つけられず正式には「サンレモクイーン 」かなと思っていたのですが、一日花ではないように思って。やはり違う花なのかな?ずうずうしいお願いかと思うのですが、4/30にいろんな花がさいていますNO4でそのミニ芙蓉をアップしておりますので、見てみて頂けませんでしょうか?簡単に挿し芽でふやせます。
しーちゃん |  2008.05.13(火) 08:27 | URL |  【編集】

しーちゃんさんこんにちは

ありがとうございます。
ブログを拝見しました。
同じお花ですよね~♪
すごくたくさんのお花をつけて、綺麗に咲いていますね。
ミニ芙蓉・・それとも姫芙蓉・・では?
と、いただいた方も、名前がはっきりしなかったのですが、
先日、園芸店でサンレモクイーンといって売られていました。

一日花とお聞きしたのですが、それは間違っていたかもしれませんね~
ゴメンナサイネ。
よんこちゃん |  2008.05.13(火) 16:53 | URL |  【編集】

どうもどうもありがとうございました。
「ミニ芙蓉・・それとも姫芙蓉・・では?
と、いただいた方も、名前がはっきりしなかったのですが、 」
との事それならばっちり同じ花ですね。可愛くて丈夫で
挿し芽で簡単に増やせるので、育てて楽しい花木です。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
しーちゃん |  2008.05.14(水) 15:43 | URL |  【編集】

しーちゃんさん、ありがとうございます。

名前がわかったので嬉しいです。
枯らさないように、大事に育てます。
よんこちゃん |  2008.05.14(水) 17:59 | URL |  【編集】

初めまして サンレモクイーンを
検索してきました
友人から 挿し木をもらったのですが
名前が 判らないというので
ブログに 写真をUPしたら
候補の名前が サンレモクイーン

ここで 写真を見たら ばっちし当たり
ありがとう・・です  
おばちゃん |  2009.08.07(金) 19:45 | URL |  【編集】

蝋梅は 種類がありますか
花期がちがうと 遅く咲いても
しゃーないですね・・・
アザミ |  2010.01.15(金) 20:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |